お金 トラブル

お金にまつわる怖いトラブル

MENU

保険と家と預貯金はどうする?

離婚を考えた時に考えるのが、財産をどうするかです。まだ結婚したてで財布は夫婦別、家は賃貸…なんて場合であれば、そう考える事も揉めることもありません。ですが、ある程度の一緒に暮らした仲であり、財布は一緒、夢のマイホームも車も購入している…なんて状態であれば、離婚後の財産分与はどうするのか、頭を悩ませる問題となりそうです。意外と、夫婦間の財産というのはたくさんあるのです。

 

離婚するとなると、すべてをきっちりと分けなくてはいけなくなります。なにせ他人に戻るのですから、なぁなぁにしておくと後で大変です。では、一体どういう風に財産を分けていけばいいのでしょうか?

 

まず、保険。保険金の受けとりは、ほとんどがパートナー…旦那さんか奥さんになっているはずです。離婚する際には、この受取金を子どもや自分達の親に変更しなくてはいけません。これをしっかりとやっておかないと、もし自分に何かあったときに、元パートナーにお金が行く事になってしまうのです。特に死亡金であれば、受け取ってほしい人というのがいるはずです。それが別に人に…しかも別れたパートナーに言ってしまっていたのでは意味がありません。そんなことにならないように、しっかりと変更しておきましょう。
また、賃貸マンションなどに住んでいる場合はそう難しい問題ではありませんが、購入したマンションや戸建であると大変な問題となります。売却したお金を折半したり、売却しないで家をどちらかが受け取るにしても、それにふさわしい財産をもらうとか…大きな財産なだけに、2人が納得する形に納めなくてはいけません。

 

そして、預貯金が預けられている通帳。実は、お給料も夫婦の財産となるのですが、振り込まれた段階では支払われた本人のみの財産となります。それが旦那側の口座に振り込まれているのであれば、それは共通の財産にはならないのです。その口座からお金を下ろして、家計のお金として受け取った時に、初めて夫婦の財産となるのです。


離婚後のお金のやり取り

離婚をする際に揉めるのが、お金の問題です。お互い好きで一緒になったのですから、お別れの時ぐらいはお互いに譲り合って財産を分け合っていきたいもの。

 

また、お子さんがいる場合は、離婚後もお金について連絡を取り合ったり、男性の方が教育費・養育費といった名目で、子どもが成人するまで払い続けることもあるでしょう。それは、お子さんへの責任と思って、しっかりと果たしてもらいたいもの。どんな形でお別れするにしても、子どもには責任がないのですから、しっかりと子どもの将来を見据えた別れと、今後やり取りが必要なときはお互いに協力するようにしましょう。

 

ちなみに、離婚の理由が暴力や相手の不貞によるものであれば、状況に応じて慰謝料を要求することができます。これは、結婚中に受けた苦痛に対しての損害賠償のようなもので、相場ではいくら…というのはありません。請求可能期間は3年以内となっていますので、離婚の原因がそれであれば、慰謝料の請求をどうするか…弁護士などに相談してもいいですね。