お金 トラブル

お金にまつわる怖いトラブル

MENU

出会い系サイトでの支払いに注意

クレジットカードがきっかけとなって犯罪に巻き込まれてしまうケースが多発しています。クレジットカードは便利ではなるものの、その使い方によっては悲惨な目にあってしまうこともあるので、よくよく注意して使うようにしましょう。

 

まず、出会い系サイトには注意。この出会い系サイトには有料でのメール交換サイトというのがあるのですが、このやりとりで業者間とトラブルになっていることが多々見られます。サイトで知り合った相手とメールで連絡をとるために、それに必要なポイントを購入するのですが、誘導されるがままに続けていたら、いつのまにかとんでない高額な請求金額になってしまっていた…なんて事が。
さらには、無料サイトといって勧誘しておきながら、実際には有料サイトへと誘導する窓口サイトであったりも…。こうしたメール交換に関する利用料金は、適正な金額がやっている業者もいますが、なかには高額な料金を吹っかけてくる業者もいますので、申込をする際には注意しなければいけません。

 

契約する前…つまりは、サイトを利用するためにクレジットカードの番号を入力する前には、規約や約款、利用する上でのルールを確認します。利用に関する承諾ボタンを押してしまうと、「私は利用ルールを承諾している」と解釈されて、利用後になにかトラブルが発生しても契約や請求書の取り消しができなくなってしまいます。

 

もし、事実と規約に違いがあるような場合は、クレジットカード会社に連絡。場合によっては、カード会社も協力してくれることもあります。


騙りにひっかからない!

社団法人日本クレジット協会…この名前を使ってくる詐欺には注意。「クレジットカードが不正使用されているかもしれない」などと言って、職員や協会の会員、もしくはクレジットカードの国際ブランドを出して電話をかけてくるのです。その電話では、事実を確かめる為にといって、クレジットカード番号や有効期限、暗証番号、名前や住所などの個人情報も聞き出してきます。社団法人日本クレジット協会やクレジットカード国際ブランドが、利用者宅に直接に電話をして、カード情報はもちろん個人情報を訪ねることは、まずありません。この場合は、絶対に教えてはいけないのです。

 

また、債権譲渡されたとして、金銭を要求してくる詐欺もあります。お悔やみ電報電話などから、連絡してくるのが特徴。クレジットやローンを組んだ人に対して、「クレジット会社から債権を譲渡されたので、指定した金額のお金を振り込んでください」と言って騙し取る詐欺です。クレジット会社では、こうした業者に債権を譲渡することはありませんし、取立てを他の会社に委託することもありません

 

さらには、「お金を貸します」なんて勧誘してくる詐欺も…。偽のダイレクトメールや携帯メールなどを送り、保証金や手数料などといった名目でお金を騙し取るのです。大手金融機関やクレジット会社などを装って連絡してくるので、注意が必要です。