お金 トラブル

お金にまつわる怖いトラブル

MENU

クレジットカードの現金化とは?

クレジットカードは、商品やサービスを購入する際に使える便利なカードです。クレジット会社が定めた日にその代金を支払う後払い方式。これをショッピング機能といいますが、実はもう一つ、お金を借りることができるキャッシング機能も併せ持っているのです。ショッピング枠は頻繁に利用しても、キャッシング枠は利用したことがな…なんて人も結構いるのではないでしょうか。利用できる金額はそれぞれに設定されており、会員として長く使用しており、また返済が滞りなくおこなっているようであれば、その利用枠はどんどん増えるものとなります。つまり、信用度が高くなっている…ということなんですね。

 

では、クレジットカードの現金化とは、一体どんなことなのでしょうか?インターネットや新聞、雑誌などで「クレジットカードのショッピング枠を現金化します」なんて広告が掲載されていることもありますが、実はこれは勧誘の一つ。一部の業者が、お金に困った人に対して、ショッピング枠を現金化するように勧誘しているのです。闇金融業者などが、クレジットカードで指定の品を購入させ、その何割かを現金として渡すのです。これが、クレジットカードの現金化という意味です。
よくよく考えてみれば、自分が損をしているのがわかります。しかも、なかには業者にカードを提供しなければいけない事もあり…この場合では、カード番号や個人情報が悪用されてしまう危険性が高いといえます。

 

実はそうした事はクレジット会社では認めていません。換金目的でカードを利用することは、クレジットカード会員規約に違反する行為となっているのです。もし、そうした事実が判明した場合は、残金の一括請求やカード利用の停止、カードの強制退会なんてこともありえるのです。

 

こうしたクレジットカードの現金化は、利用した分だけカード会社に返済しなければいけなくなります。いくらかのお金を手に入れたとしても、それは一時的なものにしかならず…結局は自分の負債を増やすことになるのです。


現金化を誘う勧誘

クレジットカードの現金化を勧誘してくる業者の手口としては、キャッシュバッグ方式と買取屋方式とあります。どちらの手口でもお金を手にすることができますが、後でクレジットカード会社から請求がくることになります。現金化する際にはその金額丸々くれるわけでなく、そこから手数料が発生しますから、返済する金額のほうが大きいものとなります。これでは、本当に一時的なお金としか言いようがありません。しかも、なかには入金されなかったり、キャンセルができないなど…さまざまなトラブルが起こっているのです。

 

このクレジットカードの現金化は、クレジット会社では禁止している事項ではあるものの、業者は適法であるかのように宣伝・勧誘してきます。例えば、「景品表示法を遵守しています」とかいう業者もいますが、現金化することは景品表示法の景品にはあたりません。また、「公安委員会の許可を受けています」とかも、あくまでも古物商として許可を与えているだけであって、現金化が法律上問題がないと保証しているわけではないのです。